作品紹介 感想

【幻奏喫茶アンシャンテ】作品紹介と感想

こんにちは。
今回は『幻奏喫茶アンシャンテ(以下アンシャンテ)』について書いていきます。

このブログについて
公式サイトや公式Twitter等に記載されている範囲でネタバレなし感想になります。 キャラ別感想については隠しキャラはネタバレになるので総評にてサラッと一言書きますが、基本的にメインキャラのみになります。サブキャラに関しては状況に応じて書ければ書きたいと思います。

公式サイト↓
https://www.otomate.jp/enchante/

 

作品

アイディアファクトリーから出たswitch完全新作です。
攻略キャラは人外になります。
シナリオは『Code:Realize』と同じ西村悠さん、イラストは『キューピットパラサイト』と同じユウヤさんが描いています。
コドリアとキュピパラの感想も書いていますので良ければこちらからご覧ください。

コドリアの作品紹介と感想↓

キュピパラの作品紹介と感想↓

ストーリー

の突然の訃報と遺言により、琴音は彼が営んでいた一軒の喫茶『アンシャンテ』に行く。
どこか不思議な雰囲気のその場所で、彼女は不思議な男性達と出会う。
彼らの正体、そして祖父との関係は…

システム
  • 共通√(第1章〜第8章)の選択肢によって攻略キャラが決まる(ミシェル以外は第3章の最初の選択肢でセーブしとくと楽)
  • 攻略制限あり
  • 攻略していくごとにプロローグの最初の部分が追加される
エンド
  • ハッピーエンド
  • バッドエンド
  • ゲームオーバー
攻略順
  • 公式オススメ順がいい
  • ミシェルは4人全員攻略後に解放されるので最後
上記を踏まえてカヌス→イグニス→凛堂→イル→ミシェルがオススメです。

オススメ度

こんな人にオススメ
  • ボリュームを求めている
  • 人外と恋をしたい
以下の場合はオススメできない
  • グロいのが苦手
  • 糖度を求めている
  • ストーリー重視
  • ホラー系が苦手

主人公

淡木 琴音

f:id:mami-otomelove:20191221084947j:image
プロフィール

逝去した祖父から喫茶【アンシャンテ】の経営を引き継いだ19歳の新人マスター。
高校卒業後に一度就職して社会人を経験しているため、世の中の厳しさも理解している。
明るく前向きな性格で、順応能力も高い。
家庭的で料理も得意。

感想

元々別の会社に勤めていましたが、その会社がブラック企業ということで精神的に強い子です。
しかし正直に言うと色々と可哀想でした・・・。
どの√でもあまりにも痛い目に遭い過ぎて見ていて辛かったです。
何よりミシェル√のハッピーエンドが本当に可哀想でした・・・。

キャラ別感想

カヌス・エスパーダ(CV.梅原 裕一郎)

f:id:mami-otomelove:20191221084334j:image
プロフィール

【妖精界・メディオ】出身の、首無し騎士(デュラハン)。
兜を外すと首から上は目視することができず、触れることもできない。
外見は完全な不審者だが、騎士らしく実直でかなり真面目な性格。
困った者や、か弱い者を放っておけない、お人好しでもある。
見た目に反してガーデニングが趣味。
剣術の達人。

感想

今回人外ということで人間じゃないのは認識していましたが、まさかの首無しとは思いませんでした!!!
このタイプは初めてでしたねw
彼は強くてとても真面目で本当に騎士らしいです。
ただ、顔がないので感情が読みづらいのはあります。
恐らく感情は首の光の色が変わるのでそこで判断するのかと思います。
ストーリーはなかなか闇がありました。
共通√では考えられないほど彼の抱えている問題が重かったです。
そして最後あたりのスチルの琴音のあの驚いた顔、FD出たらそこを詳しく描かれて欲しいですね。

イグニス・カリブンクルス(CV.小野 友樹)

f:id:mami-otomelove:20191221084345j:image
プロフィール

【獣界・ベスティア】出身の魔獣。
ベスティア最強と名を轟かせる、炎を操る人狼の青年。
好戦的で喧嘩早く、割と短気。
だがその実、人外メンバーの中では比較的常識人で、義理堅い。
ぶっきらぼうな優しさの持ち主。
かなりの大食いで、日頃から店内で何かと料理を注文し食べていることが多い。
好物は主に肉系料理。

感想

まずは一言…コロロ可愛すぎです!!
それだけで癒されました。
ツンデレで素直では無いですが、琴音の祖父の事をすごく慕っていましたし、なんやかんや琴音のこと気にかけてくる根は優しい人です。
また動物に凄く好かれますw(コロロもそうでした)
彼の性格面に関しては良かったですが問題はストーリーです!
ハッキリ言います!
後半物凄くグロいです!!
まさかCEROCでここまで来るとは思いませんでした・・・。
大袈裟かもしれませんが個人的にもし神やピオフィのアンリ√のバッドエンド並みにグロいです。
そのシーンが来た時はバッドエンドに入ったのかと思いました 。
なので彼の√をプレイする時は覚悟をしてください!!!

凛堂 香(CV.諏訪部 順一)

f:id:mami-otomelove:20191221084621j:image
プロフィール

政府の超常事象対策機関(GPM)に所属する、壮年の男性。
人外が集う喫茶アンシャンテを監視する任務についているが、本人も常連の1人としてアンシャンテを憩いの場としている。
彼自身は落ち着いた物腰の紳士だが、人外常連ズには少々振り回されがちな苦労人。
一見デスクワーク派に見えるが、戦闘訓練もしっかり受けている。

感想

共通√でも思っていましたが…ハニワくんが凄く可愛いです!
42歳ということで結構おじさまですが、逆に余裕のあるところとか色気がすごくて私は好きでした 。
そして…彼の√も結構怖いシーンがあります
これ乙女ゲームじゃなくてホラーゲームです 。
最後幸せスチルなはずですが正直怖くて素直に感動できませんでした 。
またこの√ではあるサブキャラの正体や衝撃事実がわかるのですが、かなりえぐかったです 。
残念ながらこの√は私には合いませんでした。

イル・ファド・デ・リエ(CV.石川 界人)

f:id:mami-otomelove:20191221084922j:image
プロフィール

【天界・カエルム】出身の、乙女ゲームが大好きな堕天使。
優美な物腰の礼儀正しい好青年。
天然かつマイペース、かつかなりの世間知らずだが、対して優れた頭脳や理知的な一面も併せ持っている。
そのふわっとした雰囲気や性格の影響で、周りからは何かと世話を焼かれ、甘やかされやすい。
普段は乙女ゲームをするため、部屋に引きこもりがち。
非常に美しい歌声の持ち主。

感想

彼はなんと、私達と共通で乙女ゲームが好きなのです!
オトメイト作品の絵やカフェが出てきたりと中々珍しいキャラでした。
しかしそれにはちゃんと理由がありました。
イグニスの√では悲惨な目に遭っていて残酷でしたが、今回もある意味精神面で残酷かもしれません 。

ミシェル・アレックス(CV赤羽根 健治.)

f:id:mami-otomelove:20191221084736j:image
プロフィール

【魔界・アスモディア】を支配する最強の魔王。
人外の王とも称される。
大抵のことは魔法で解決してしまう、自他ともに認めるなんでもありの【チート】級の実力者。
毎日アンシャンテを訪れては珈琲を飲んでいる、珈琲好き。
立場の割に気さくで朗らか。
ノリもいい。シャレにならない物騒な発言をかる~く飛ばす、お茶目(?)な一面も。

感想

本作のメインヒーローになります。
他の√でも思っていましたが、声が凄く好みでした。
なので全員攻略後に攻略可能ということで楽しみにしていました 。
…が、まさかの展開に色々びっくりしました!
一言で言うとカオスです!!
まず絵が怖過ぎます・・・これはホラーゲームでしょうか?
次にこの√、表現的にかなりグロいです。
更にハッピーエンドの展開が物凄く納得がいきませんでした。
この終わり方は流石に無いと思いますね!

総評

ここまでありがとうございました。
正直言うとこれは乙女ゲームではなくホラーゲームに近いです。
今作はコードリアライズのスタッフが関わっていると言うこともあり、システム面が非常に似ていました。
共通√の選択肢によって攻略キャラが決まるのですが、この共通√が物凄く長いですwww
そして共通√は各キャラを焦点に当てた事件が起きるのですが、その事件をみんなで解決していきます。
ここがコードリアライズとすごく似ていましたね。
共通√が長いのに対し個別√は短く感じるので個別√が短いのが嫌な人もいると思います 。
そういったことから、システムが似ているコードリアライズが好きな方なら今作も楽しめるということです。
先程共通√長いと言いましたが、本当に長いので第3章の初めの選択肢でセーブしておくことをお勧めします 。
共通√にて各キャラの選択以外は同じ話なのでそこは一気に飛ばした方が効率がいいと思います 。
ストーリーはパッケージのみではほんわか喫茶店をイメージすると思いますがそれは真っ赤な嘘です!
異世界ということから壮大なストーリーになっています。
気をつけて欲しいのがどの√も結構CERO CなのにDレベルのグロさや怖さがあります。
私的に今までで1番衝撃で下手したらもし神に近いものがあると思います・・・。
糖度はほぼないと思ってください。
ストーリーは怖くてもキャラや世界観は好きだったので、FD出ても良いような気がします。
というより出して欲しいです!
残念な点ですが、糖度がかなり少ないのとその分グロさや怖さが凄かったことです。
そしてミシェルの最後の展開は本当に納得がいきませんでした。
コードリアライズも本編は糖度少ないので大丈夫ということなら良いと思いますが、私的にとにかくCEROD並みのグロさと怖さ←(しつこいw)がコードリアライズよりあったので、本編は合わなかったですね。
コードリアライズはFDがかなりよかったので、もし今作でFDが出ればもしかしたら好きになるかなと思います。

それでは今回はここまでにしたいと思います!
最後までありがとうございました。


Warning: printf(): Too few arguments in /home/mamiotome/mamiotomelove.work/public_html/wp-content/themes/vandana-lite/inc/extras.php on line 118

mami

乙女ゲーム中心に作品紹介やネタバレなしの感想を書いています。
基本的に公式サイトに載っている範囲で書いているため、感想の内容が薄くなってしまいますのでご了承ください。
Twitterもやっていますので良ければフォローよろしくお願いします。
Twitter→@mamiotome

おすすめ