作品紹介 感想

【Code:Realize】作品紹介と感想

こんにちは。
今回は『Code:Realize(以下コドリア)』について書いていきます。

このブログについて
公式サイトや公式Twitter等に記載されている範囲でネタバレなし感想になります。 キャラ別感想については隠しキャラはネタバレになるので総評にてサラッと一言書きますが、基本的にメインキャラのみになります。サブキャラに関しては状況に応じて書ければ書きたいと思います。

公式サイト↓
http://www.code-realize.jp/

作品

創世の姫君

本編です。
アイディアファクトリーから出ている作品です。
PS VITAから始まり、現在はPS4やswitchで彩虹の花束という名前で本編とFD祝福の未来が1本になって移植されています。
シナリオは『幻奏喫茶アンシャンテ』と同じ西村悠さん、イラストは『猛獣使いと王子様』と同じmikoさんです。
アンシャンテと猛獣使いの感想も書いていますので良ければこちらからご覧ください。

アンシャンテの作品紹介と感想↓

猛獣使いと王子様の作品紹介と感想↓

ストーリー

猛毒を全身に宿す主人公カルディアは怪物として恐れられ、約2年間屋敷にこもっていた。
ある日英国軍に捕らわれる寸前、泥棒紳士アルセーヌ・ルパンと出会う。
彼に連れられ、ロンドンへ来た彼女は様々な人との出会い、自身の宿る毒と向き合っていく…

システム
  • 共通√の選択によって個別√に入る
  • ルパン、インピー、フラン、ヴァン、サンの5人攻略可能(攻略制限あり)
エンド
  • ハッピーエンド
  • バッドエンド複数あり
攻略順
  • ルパンは4人全員ハッピーエンドクリア後に攻略可能のため、強制的に最後
フラン→インピー→ヴァン→サン→ルパンがオススメです!

感想

超名作の1つです!!
元々主人公の全身猛毒を持っているということからシリアスが強めな作品となっています。
CEROのD作品は糖度が高いというより内容が重く、音とかリアリティなイメージです。
その為少し怖い部分があるので全て明るく平和な話が好きな人は正直お勧めできません・・・。
個人的にお勧めの√は王道のルパンです!
最初に出会ったのも彼ですし、カルディアの夢を叶える点でやはり彼を最後にプレイするのが正解ですね。

祝福の未来

前作のFDです。
今作では新たにショルメとフィーニス√があります。

ストーリー

怪物と呼ばれていたカルディアは愛を知ることができた。
そして恋人となった彼とその後の幸せな未来とは・・・

システム
  • 定番の5人は前作のアフターストーリー、新たにフィーニス√、ショルメ√、そして本編途中の物語アナザーストーリーの4つに分かれている
  • 攻略制限はなし
  • フィーニスとショルメ√のみ選択、他は選択肢なし
攻略順
  • 好きなキャラからでOK
  • √別だとアナザーストーリーは本編の途中のお話なのでアフターストーリーの前がいい
  • フィーニス√は次作の重要な√なので絶対に最後
上記を踏まえるとアナザーストーリー→アフターストーリー→ショルメ→フィーニスがおすすめです。

エンド

フィーニスとショルメ√ではハッピーエンドとノーマルエンド

感想

前作のFDになります。
すごくボリューミーでやりかいがあり楽しかったです。
複数√があるとどれか偏りが出るイメージですが、それはなく1つ1つお話が丁寧に描かれてよかったです。
やはりアフターストーリは甘くていいですね。
どのキャラも奇麗に完結していました。
何よりカルディアが幸せいっぱいで泣きそうになりましたね。
新たに追加されたショルメ√はサブキャラがよく、何より最後までショルメがイケメンでした!
これは続編が気になりますね。
ただ残念なことに、彼の√にまさかのジャックが登場するのでご注意をw
本当彼は怖いです・・・。
そしてフィーニス√は家族、姉弟愛が中心としたお話ですごく泣きました。
フィーニスの心の奥底の思いを知る事ができました。
2つとも本編のある部分から奇麗に入っていったので違和感がありませんでした。
さらに本編の途中で起きたお話、アナザーストーリーもかなりボリューミーでサブキャラがすごく良かったです。
カルディアにとっていい人と巡り合えたなと思えた√でした 。

白銀の軌跡

祝福の未来の続編FDとなります。
PSVITAのみでしたが2020年7月にswitchに追加要素ありで移植されました。

ストーリー

祝福された未来の、更に先へ。
奇跡がもたらしたいくつもの物語の中で、彼女の胸にはどんな想いが生まれるのだろうか・・・。

システム
  • 前作『祝福の未来』でのフィーニス√とショルメ√のアフターストーリ、メイン攻略5人から2人選んで主人公とデートするトライアングル√(シークレットあり)、アナザーストーリーカンタレラ、前作フィーニス√クリア後のお話のイフストーリーがある
  • シークレット√あり
攻略順
  • 好きなキャラからでOK
  • ストーリーはトライアングル√は短めなので初めにやるのがオススメ
  • カンタレラ√を最後にやるのがおすすめ
上記を踏まえてトライアングル→イフストーリー→アフターストーリー→アナザーストーリー→シークレットがオススメです。

感想

FDのFDになります。
こういうパターンのFDは初めてでしたね 。
基本的に今作は祝福の未来のフィーニス√クリア後のお話なので、先に前作をプレイしてからこちらをプレイしてください 。
クリスマスに発売されたこともあり、イフストーリーではクリスマスの頃のお話でした 。
何より絵が本当に奇麗で感動しました!
トライアングル√はどの組み合わせも結構キュンキュンでしたね。
アフターストーリーはショルメももちろんよかったのですが、やはりフィーニス√で泣きました。
本当家族はいいですね。
アナザーストーリーはまずカンタレラの正体にびっくりしました!
そしてラストのカンタレラの言葉からの流れが本当に良かったです!!!!
また今回はシークレット√が2つもあるのも特徴ですね。
攻略法は攻略サイトをご覧ください。
糖度の部分ではCEROがBなのでそこまで高くはないです。
ただどのルートもいい話ばかりなので最後まで楽しめる作品かと思います 。

オススメ度

こんな人にオススメ
  • ストーリー重視
  • ボリュームを求めている
  • 糖度を求めている

以下の場合はオススメできない
  • シリアスものが苦手
  • 血生臭いものが苦手

アニメ

コドリアはゲーム以外にアニメ化もされています 。
アニメではルパン√になります
ゲームの中でもありますが、カルディアの願いを叶えるのはルパンなので妥当かなと思います。
乙女ゲームのアニメ化は大体は大団円か個別√で特に恋愛がそこまで発展せずに終わることが多いですが、こちらは恋愛も描かれているので是非見てください 。

アプリ

本編の『創世の姫君』が収録されています。
プロローグは無料ですがその後は課金するシステムになっています。

主人公

カルディア

f:id:mami-otomelove:20191230132311j:image

プロフィール

触れたものを腐敗・融解する猛毒を全身に宿す少女。
【怪物】として英国軍に捕われる寸前、ルパンによって盗み出される。
2年より前の記憶を失っており、手掛かりとなる父親の行方をロンドンにて探すことに。

感想

彼女は記憶がないということもあり、最初は世間知らずなところがありましたが、ルパン達に出会ってからいろんなことを学び、人間らしさを取り戻しつつ成長していく姿が良かったです。
顔は凄く可愛いですが性格はサバサバしていますw
ルパン達のお陰か物事を冷静に判断しながら行動できる姿がすごく好きです。
本編をプレイするカルディアには本当幸せになってほしいと願いたくなりますね・・・。

キャラ別感想

アルセーヌ・ルパン(CV.前野 智昭)

f:id:mami-otomelove:20200102073725j:image

プロフィール

自称泥棒紳士で世間を騒がしている大泥棒。
非常に明るく、楽天家にして自信家。
そしてその自信を支えるだけのずば抜けた行動力と盗みのテクニックを有している。
カルディアを連れ去った張本人であり、彼もまた自らの目的のためにロンドンへ赴く。

感想

ルパンはまさにメインヒーローという言葉が合う方でした!
頭の回転がいいので次々と作戦を立てて指示を出したり、行動力も凄かったです。
性格も凄く前向きで明るく、もちろん優しさもあるので私はこの作品ではルパン推しです!!
カルディアに対してもただの女の子としてではなく、自分で考えて答えを見つけるという事や人間としてのあり方など、師匠としてちゃんと教えてくれました。
きっといいお父さんになれそうですね。
本編のストーリーもやはり最後にふさわしい内容でした!
祝福の未来は公式でも大々的に出してるあのスチルが衝撃的でした・・・w

エイブラハム・ヴァン・ヘルシング(CV.諏訪部 順一)

f:id:mami-otomelove:20200102074016j:image

プロフィール

最強、そして最凶とまで謳われる吸血鬼狩り。
英国軍に従事した過去を持ち、当時から『人間兵器』と比喩されるほどの
身体能力と戦闘技術を兼ね備えている。
自身の因縁を晴らすためにある人物を追っている。

感想

吸血鬼戦争の英雄と呼ばれる吸血鬼ハンターで、とにかく戦闘能力がものすごく高いです!
狙撃はもちろん、格闘技も得意ので守ってもらうにはうってつけの男性です!
こんなに戦闘能力は高いのに他のことに関しては意外と不器用なんですよねw
この完璧すぎないところがまたいいです!
本編でメガネ外した時の姿はイケメン過ぎて驚きました。
ただ本編のストーリーはなんといってもジャックというキャラが怖すぎました・・・。
ヴァン√をやる時は昼間にやることをお勧めします!!

ヴィクター・フランケンシュタイン(柿原 徹也)

f:id:mami-otomelove:20200102074258j:image

プロフィール

元英国政府お抱えの研究員で錬金術師。
類まれなる知識や知能を持つが、
それを鼻にかけることのない人当たりの良い性格。
むしろ普段は周囲に振り回されることが多い。
とある理由から、指名手配犯となっている。

感想

フランはとにかく純粋でとてもわかりやすい人でとても優しいです!
戦闘能力は低いですが、知能面では研究員なだけありルパンたちをサポートしていました。
フラン√は本編ももちろんよかったですが、どちらかというとFDの方が純愛さが出てキュンキュンしていました。

インピー・バービケーン(CV.森久保 祥太郎)

f:id:mami-otomelove:20200102074237j:image

プロフィール

天才発明家でルパンと常に同行している
明るく、軽く、お調子者であるが、発明において規格外の天才であることは間違いない。
奪われた【大切なもの】を探し求めている。

感想

チャラ男ポジションですね。
常に明るく料理が得意ですがよくボケていじられますw
チャラ男と言いましたが、ムードメーカー的存在でもあります。
ただ本編とFD含めて1番糖度は低いなと感じました。
もう少し糖度が上がればよかったですね。

サン・ジェルマン(CV.平川 大輔)

f:id:mami-otomelove:20200102074422j:image

プロフィール

物腰柔らかな、紳士的な態度の男。
ロンドンに屋敷を構えており、主人公一行に住まいとしての環境を提供することになる。
かなりの変わり者であり、主人公たちを受け入れた理由も『面白そう』だからというもの。

感想

普段は丁寧な言葉でとても紳士的ですが、戦闘能力はヴァンの次ぐらいに良かったです。
サン√は本編FD含めて割と切ないストーリーでしたね。
カルディアの事を理解できるのは彼だけかもしれないなと思いました。

総評

ここまでありがとうございました 。
コドリアは割と暗めで重めなお話なので好き嫌いはあると思います 。
しかしハッピーエンドは重かった分感動が大きいのと、その後のFDでカルディアが幸せになって本当によかったと思えるので凄く好きな作品です 。
推しキャラはルパンですね。
彼は本当に紳士で明るく前向きで頼もしく、非のところがないので嫌いな人はいないと思います。
もう1人推すならフィーニスですね。
本編では悪役で「うわ~」と思っていましたが、祝福の未来以降彼が相当辛い思いをしていた事を知ってからの最後にはほんと泣かされました。
ツンデレさんなのも可愛く、なんやかんや姉が大好きなんだなと思いましたw
またFDのアナザーストーリーが思ったよりボリューミーでストーリーも丁寧に描かれていたのは驚きました 。
FDは2つともお勧めできるので本編やった方は是非プレイしてください!
今回私は全てPSVITAでプレイしたのですが、その他に『創世の姫君』と『祝福の未来』が1つのソフトになったPS4『Code:Realize 〜彩虹の花束〜』とその移植版『Code:Realize 〜彩虹の花束〜 for Nintendo Switch』、そして『白銀の軌跡』はPS4版も出ています 。
switch移植時に多いのですが、本編とFDがセットはかなりお得でいいですね 。

今回はここまでにしたいと思います!
最後までありがとうございました。


Warning: printf(): Too few arguments in /home/mamiotome/mamiotomelove.work/public_html/wp-content/themes/vandana-lite/inc/extras.php on line 118

mami

乙女ゲーム中心に作品紹介やネタバレなしの感想を書いています。
基本的に公式サイトに載っている範囲で書いているため、感想の内容が薄くなってしまいますのでご了承ください。
Twitterもやっていますので良ければフォローよろしくお願いします。
Twitter→@mamiotome

おすすめ