感想

【NORN9】キャラ別感想

こんにちは。
前回の続きです。
今回はキャラ別感想になります。

このブログについて
公式サイトや公式Twitter等に記載されている範囲でネタバレなし感想になります。 キャラ別感想については隠しキャラはネタバレになるので、総評にてサラッと一言書きますが、基本的にメインキャラのみになります。サブキャラに関しては状況に応じて書ければ書きたいと思います。

前回の記事はこちら↓

キャラ別感想

結賀 駆(CV.梶 裕貴)

f:id:mami-otomelove:20200112205134j:image
プロフィール

明るく優しい好青年(18歳)。
頭の回転が早く、ポジティブさとマイペースさの合わせ技でメンバーをまとめ上げる。
その賢さから人を操る策士的な一面もあり、一部からは腹黒だと思われている。
人をまったく悪気なく追い詰めてしまう天然S。
『緑』を操る能力を持っている。

感想

今作のメインヒーローです。
駆は本当に根っからの腹黒でしたねw
顔はニコニコしていて口調は優しいのですが、言っている事がブラックですw(特に千里に対して)
そんな駆も唯一の弱点はこはるです!
こはるは意外と怒ると怖いのでさすがの駆も大人しくなります。
他の女子にはそこまでですが、こはるに対しては本当に激甘で逆に怖かったですw
本編でもそれが出ていますが、特にラストイーラのフーガの彼√はすごかったです!
またこのフーガをやると駆の性格がよくわかるので悪いイメージのままにならないでよかったですね。
本編のストーリーでは駆と深い関わりのある人物がこのノルンノネットの物語によく絡んでいるが分かります。
また、この√をやる事によってあるキャラの誤解が解けるなと思いました。

市ノ瀬 千里(CV.下野 紘)

f:id:mami-otomelove:20200112205238j:image
プロフィール

顔立ちは整っているが、ネガティブ思考で寡黙な少年(16歳)。
周囲の大人から邪険に扱われてきた過去をもつため、人間不信で人付き合いが苦手。
それは船に乗ってからも同じで、共用スペースにはあまり行かず、いつも自室に引きこもっている。

感想

過去のある出来事が原因で人間不信になり、基本的に人付き合いが苦手です。
そのため常に自室に引きこもっています。
最初顔見たとき「あれ?」と思った事があり、本編のストーリーを進めるうちに「やっぱりか!」となりました。
千里は上記の通り序盤は殆ど姿を見せないです。
しかしこはるのお陰で徐々に心を開いていき、終盤からFDでの彼は本当に成長したなと思いました。
千里√は自分自身と向き合って成長していくストーリーがメインなので真相とは離れています。
その為最初に攻略するのがおすすめです。
個人的にはFDの後日談が好きです。

遠矢 正宗(CV.佐藤 拓也)

f:id:mami-otomelove:20200112205311j:image
プロフィール

面倒見が良く、若いメンバーたちのお兄さん的な存在(24歳)。
頭は良いが、手先が不器用で要領が悪い。
よく喧嘩の仲裁に入っては、損することが多い。読書家で、幅広い知識を持っている。
普段は手袋をしており、それが能力の制御に関わっている。

感想

正宗はお兄さんと言うよりお父さんみたいですねw
よく駆と千里の仲裁に入る事が多いです。
本編ではお酒の事件が印象的でしたねw
普段優しい人ほど変わると凄いなと思いました。
終盤の展開には色々と驚かされましたね。
まずあるキャラの展開や最後の展開はまさかと思いました。
あのままFD出なかったらモヤモヤした状態で終わっていましたね。

吾妻 夏彦(CV.小野 大輔)

f:id:mami-otomelove:20200112205358j:image
プロフィール

ある理由からルンに乗る能力者たちの命を狙っている(22歳)。
冷めた考えを持っており、声を荒げることは殆どない。
機械に強く、発明が得意。
また、船の操縦のスペシャリストでもある。

感想

出ました夏彦様!
人気投票で常に上位にいて私も今作では最も推しているキャラです。
夏彦√はノルン+ノネットの真相が多く含まれているため絶対に最後に攻略することをお勧めします。
そしてその真実がわかった時、夏彦の印象が大きく変わると思います。
本編では深琴の夏彦に対する印象が本当に面白かったですw
まあ確かに最初はそう思いますよね。
本編終盤にある事件が起きるのですが、それがきっかけで「あなた誰?」と言いたくなるほど変わっていて驚きました。
ある目的がなければ本当はこういう人なのかなとも思いましたね。
私のお気に入りはラストイーラのフーガです!
これを見て夏彦嫌いになる人いるのかと思うほどよかったのでほんとおすすめです。

二条 朔也(CV.斎賀 みつき)

f:id:mami-otomelove:20200112205435j:image
プロフィール

飛び抜けた美しさを持つ青年で物腰が柔らかく、女性に対しては紳士的な態度を取る(19歳)。
幼馴染の深琴をとても大切にしている。
当たらない占いとなぞなぞが趣味。

感想

一月がよく深琴をからかっている事に対して不満を持っています。
私は一月とのやりとりが結構好きですw
ストーリーは基本的にとてもしんどいですが、あるキャラの√では更にしんどい展開でした・・・。
深琴と強い絆で結ばれている事がよくわかりましたね。

加賀見 一月(CV.遊佐 浩二)

f:id:mami-otomelove:20200112205524j:image
プロフィール

軽薄な遊び人(23歳)。
特有の色香を持ち、人によっては毒だと言われることも。
冗談と嘘を繰り返し、本心は語らない。
よく深琴をからかって遊んでいる。
平士と七海と仲が良く、よく一緒にいる。

感想

チャラ男キャラです。
私的には本人は気付いてないかもですが、実は最初から深琴の事が気になっていたんだなと思いました。
遊び人ではありますが、結構周りを見ていて状況によってわざとからかったりする所はさすが大人だなと思いましたね。
平士とは結構仲が良くよく一緒にいる事が多いです。
ストーリーは周りを見る鋭さから犯人を見つけるのが早かったです!
意外と嫉妬深いところもあるのでギャップ萌えする人にはオススメですね。

宿吏 暁人(CV.杉山 紀彰)

f:id:mami-otomelove:20200112205604j:image
プロフィール

怒りっぽく、いつも不機嫌な顔をしている気難しい青年です(18歳)。
敵愾心が強く、からかわれたり、馬鹿にされることを嫌う。
料理が得意で、彼が作るご飯からは母の味がすると好評。
じつは鳥が苦手。

感想

性格はいかついですが料理や家事が得意です!
実は鳥が苦手で鳥を目の前にすると一気に怯えるという可愛い一面もありますw
ストーリーは真相とは離れた内容で彼自身、主に家族について描かれていました。
ツンデレキャラは基本的にデレた時が凄いのですが、彼もそうでしたw
意外とS系があるので糖度を求めている人はおすすめですね。

乙丸 平士(CV.吉野 裕行)

f:id:mami-otomelove:20200112205635j:image
プロフィール

元気で活発、人懐っこい青年(19歳)。
メンバーの中では年中者の部類だが、裏表のない性格からムードメーカー的存在になっている。
嫌なことがあってもすぐに切り替えることが出来る。
『テレパシー』の能力を持っており、感情が高ぶると相手に心の声が漏れてしまうことがしばしば。
そのため隠し事が苦手で本音を漏らしては女性陣の怒りを買ってしまう。

感想

乙丸はムードメーカー的存在で、彼がいるとその場の雰囲気が良くなっていました。
ただそんな彼も怒るともの凄く怖く、最初見た時は驚きましたね。
性格は悪くないのですが、思いつきで行動して暴走するところがあり、人の意見を聞かなくなるところが少しイライラしました・・・。

室星 ロン(CV.杉田 智和)

f:id:mami-otomelove:20200112205729j:image
プロフィール

怪しげな風貌の持ち主だが、実は気さくで優しい青年(25歳)。
しかし人の名前をいっこうに覚えないので、よく人を苛立たせる。
出身も生い立ちも何一つ話そうとせず、誰も彼のことを知らない。

感想

とても能天気な人です。
私的に唯一嫌なキャラです・・・。
何を考えているのかよくわからない上、銃を持つとケラケラ笑ったりその笑い方が気持ち悪くて正直好きになる要素がありませんでした。

総評

ここまでありがとうございました。
ノルンは長年愛されている作品で知らない人はあまりいないんじゃないでしょうか。
この作品の特徴はヒロインが3人いることですね!
2人とかはあっても3人は中々無いですね。
それもあってか攻略キャラが多くても別に苦になりませんでした。
またヒロイン3人ともフルボイスです!
私はヒロイン声あり好きなのでよかったのですが、中には嫌いな人もいるのでそういう方は向いてない作品ですね・・・。
本編ももちろん良かったのですが、ラストイーラのフーガは本当おすすめです。
本編を彼視点から見れるのが新鮮で、こういう時男の人はこう思っているのかと勉強になりましたw
アクトチューンに関してはおまけっぽい感じだったので、ストーリー性を求めている人はちょっと向いてないですね。
キャラの好き嫌いの差はありますが、9人もいれば好き嫌いは出てもおかしくはないですねw

てことで今回はここまでにしたいと思います!
最後までありがとうございました。


Warning: printf(): Too few arguments in /home/mamiotome/mamiotomelove.work/public_html/wp-content/themes/vandana-lite/inc/extras.php on line 118

mami

乙女ゲーム中心に作品紹介やネタバレなしの感想を書いています。
基本的に公式サイトに載っている範囲で書いているため、感想の内容が薄くなってしまいますのでご了承ください。
Twitterもやっていますので良ければフォローよろしくお願いします。
Twitter→@mamiotome

おすすめ