作品紹介 感想

【オランピアソワレ】作品紹介と感想

こんにちは。
今回は『オランピアソワレ(以下オラソワ)』について書いていきます。

このブログについて
公式サイトや公式Twitter等に記載されている範囲でネタバレなし感想になります。 キャラ別感想については隠しキャラはネタバレになるので、総評にてサラッと一言書きますが、基本的にメインキャラのみになります。サブキャラに関しては状況に応じて書ければ書きたいと思います。

公式サイト↓
https://www.otomate.jp/olympia/

作品

アイディアファクトリーから出ています。
switch新作乙女ゲームです。
シナリオは片桐由摩さん、イラストはさといさんと『ニルアドミラリの天秤』と同じ製作陣が描いています。

ストーリー

『白(はく)』の少女が舞うと夜が遠離る。
自らを『オランピア』と名乗り、人形のように微笑むこともなく人形のように舞い續ける彼女を人々は敬い、恐れていた。
命よりも色を重んじる天供島で彼女はたった一人しか存在しない色を持つ。
稀少な『白』を途絶えさせないためにここで18歳を迎えた彼女は交配相手を捜さねばならない。
過去の出来事から外界との交流を拒んでいた彼女は亡き母の言葉を信じて一歩を踏み出す。
本当の自分を愛してくれる者を見つけるために…。

システム
  • 共通√は選択肢無
  • 個別√は選択式(愛キャッチ有)
  • 共通√後にキャラ選択(攻略制限有)
  • バッドエンドスチルあり
エンド
  • ハッピーエンド
  • バッドエンド
攻略順
  • ヒムカは4人攻略後に、朱砂はヒムカ攻略後に解放
  • 公式としてではないですが、製作者のブログのおすすめ順で良い
璃空→時貞→縁→玄葉→ヒムカ→朱砂がおすすめ攻略順です。

オススメ度

こんな人にオススメ
  • 神話が好き
  • 糖度を求めている
  • ニルアドが好き
以下の場合はオススメできない
  • 神話が苦手
  • 主人公の性格を気にする
  • 恋愛の急展開が好きではない

主人公

オランピア

f:id:mami-otomelove:20200424122457p:image
プロフィール

唯一存在する『白』の少女。
太陽を輝かせることができる舞手であり、『オランピア』と呼ばれている。
18歳の誕生日を迎えたことをきっかけに夫捜しを始める。
白鼠の『だいふく』を飼っている。

感想

残念ながら今回の主人公は嫌いなタイプでしたね・・・。
世間知らずが前提なのはわかりますが、余りにも無神経で考えなさすぎだなと思いました。
感情に任せて行動して悪い方にいったり、人の話聞かない頑固ということから好きになる事ができませんでした。

キャラ別感想

朱砂(CV.松岡 禎丞)

f:id:mami-otomelove:20200424122513p:image
プロフィール

中立組織『コトワリ』の若き所長。
オランピアの保護条例を出し、彼女の夫捜しを促す。
冷静沈着で、一切私情を挟まないところから『鉄仮面』と呼ばれているが、面倒見はよく陰になり日向になり主人公を手助けしている。

感想

今作のメインヒーローになりますね。
共通√や他√ではオランピアが凄く嫌っていたので心配していましたw
他√では上手くいくようにアドバイスや手助けのみでしたが、朱砂の√に入った途端に今までとは違う行動に凄く驚きました!
ストーリーはやはりラストなのでヒムカ√よりさらに島の秘密について語られます。
ヒムカ√でも驚きましたが、さらに色々と驚きましたね!!
スチルもやはりラストにしかプレイできないからか、破壊力がありましたw
松岡さんボイスが好きな方は生きて帰ってこれるかわからないと思いますw

玄葉(CV.杉田 智和)

f:id:mami-otomelove:20200424122535p:image
プロフィール

中立組織『コトワリ』の副所長。
免疫研究に力を注いでいる医学博士だが、主人公を見るとからかわずにいられない性格。
空気を読むことに長け、場を明るくするみんなの兄的存在であるも、内心では色層という階級制度には強い反発を覚えている。

感想

ムードメーカーで黄泉の人にとってはお兄さん的存在です。
こういうお兄さん的キャラ好きです。
そして体格も凄く良く、彼の筋肉質にはやられました!
ストーリーは最初は他キャラよりかなり順調に見えましたが、一筋縄ではいかないですよね。
この√ではよくサブキャラの黄録が出てくるのですが私は嫌いなキャラでしたね・・・。
とにかくしつこすぎました!!
しかし黄録のお陰で進展はしたのでそこは許しますw
また玄葉の意外な真実を知る事になるのですが、彼の容姿を見ると確かに納得できますね!
気付く人はすぐ気付くと思いますが、私は全然気付きませんでした・・・w

璃空(CV.長崎 信長)

f:id:mami-otomelove:20200424122549p:image
プロフィール

黄泉警邏隊に所属する軍人。
黄泉に繋がる鳥居の警備と巡回が主な役目。
『拔(ばつ)』の優秀な使い手であり、次期『青(せい)』の長を約束されているため、自らの役目を果たそうと日々精進している。

感想

物凄く真面目な方です。
必死に想いを抑えてる所や照れている姿や変に素直じゃない所など、可愛いところが多かったです。
この√は意外とオランピアが積極的でしたね。

時貞(CV.上村 祐翔)

f:id:mami-otomelove:20200424122605p:image
プロフィール

天供島に漂着した『マレビト』の一人。
『緑(りょく)』に帰化したため、『緑』の長の元で暮らしている。
以前の記憶は残っているが、多くを語ろうとはしない。
だいふくの弟である白鼠の『パリス』を飼っている。

感想

凄く素直で真っ直ぐな子です。
最初は可愛らしい歳下の男の子と思っていたのですが、結構男らしい一面がありました。
体つきも17歳とは思えないほどの筋肉質でしたね!
個人的に彼のバッドエンドのスチルが好きですw

縁(CV.内田 雄馬)

f:id:mami-otomelove:20200424122621p:image
プロフィール

黄泉で一番大きい店である湯屋『死菫城(しきんじょう)』の主人。
自ら『地獄太夫』と名乗り、黄泉を仕切る権力者でもある。
特技の占いと自慢の薬湯で客をもてなしている。

感想

いつもオランピアの事を気にかけてくれ、他√では婿探しを応援してくれる優しい方です。
色気があるなとは思っていましたが、1番ドキドキしました!!
ストーリーは彼の過去についてがテーマでその過去が闇深く、長く心の中で根付いている感じでしたね。

ヒムカ(CV.堀江 瞬)

f:id:mami-otomelove:20200424122642p:image
プロフィール

『弔い屋』と呼ばれる少年。
非常に強い拔の力を持っており、日々黙々と黄泉の人間の魂を晶に変えている。
自らのことを語らないため、彼自身のことを知る者はほとんどいない。

感想

最初は本気で女の子かと思ってしまいましたw
しかし声を聞くと立派な男の子なのでご安心ください。
攻略制限されているだけあり、ヒムカ√では島の秘密を色々と知ることになります。
彼自身の秘密も知るのですが、これには驚きましたね!
とにかくこの√では恋愛を楽しむのもそうですが、色々事実を知って驚く事が多かったです。

総評

ここまでありがとうございました。
オラソワは完全新作でほぼ情報得ずにプレイしたのでCEROがDだったのもあり、最初ドキドキしていました。
しかし実際にプレイしたら血生臭さがなく、本当に糖度が高くて驚きました!
確かに夫を探して交配して子孫を残すというのが今回の作品のテーマになっているのでそれなりのシーンはあるだろうなとは思っていましたが、まさかここまでだとは思いませんでしたね。
恐らく18禁ギリギリラインだと思います。
さすがはニルアド製作者さん達が手掛けた作品なだけありました。
システムや流れもニルアドと似ていましたね。
ニルアドが好きな方は好きになると思います。
本編でこの糖度なのでもしFD出たらどうなってしまうんでしょう・・・w
またハッピーエンドやバッドエンド含め、エンド後にスタート画面に戻る時にその攻略したキャラのおまけボイスを聞く事ができるのですが、それがすごく良かったです!
ボイス以外にも時間によってスタート画面が朝日だったり夕暮れなどリアルに世界観を楽しめることもできます。
ストーリーも神話に基づくお話で音楽も壮大でとても好きになりました。
推しキャラですが、メインキャラは非常に迷いますが縁と朱砂ですかね。
サブキャラは刈稲が好きです。
顔も声もイケメンで性格も明るくてタイプです!

という事で今回はここまでにしたいと思います!
最後までありがとうございました。


Warning: printf(): Too few arguments in /home/mamiotome/mamiotomelove.work/public_html/wp-content/themes/vandana-lite/inc/extras.php on line 118

mami

乙女ゲーム中心に作品紹介やネタバレなしの感想を書いています。
基本的に公式サイトに載っている範囲で書いているため、感想の内容が薄くなってしまいますのでご了承ください。
Twitterもやっていますので良ければフォローよろしくお願いします。
Twitter→@mamiotome

おすすめ