作品紹介 感想

【PsychicEmotion6】作品紹介と感想

こんにちは。
今回は『PsychicEmotion6(以下サイエモ)』について書いていきます。

このブログについて
公式サイトや公式Twitter等に記載されている範囲でネタバレなし感想になります。 キャラ別感想については隠しキャラはネタバレになるので、総評にてサラッと一言書きますが、基本的にメインキャラのみになります。サブキャラに関しては状況に応じて書ければ書きたいと思います。

公式サイト↓
https://www.otomate.jp/psychic-emotion6/product/

作品

アイディアファクトリーから出た作品になります。
現在はPSVITAのみです。
シナリオは佐久良慶さん、イラストは『明治東亰恋伽』と同じかるさんが描いています。
めいこいの感想も書いていますので、良ければこちらからご覧ください。

明治東亰恋伽の作品紹介と感想↓

ストーリー

あなたが暮らすペンション、『エトワール』の裏山に落ちてきたのはなんとUFOだった!?
そしてそこから現れたのは、5人の惑星の王子様たち。
どうやらあなたはかぐや姫の生まれ変わりで
『エンゲージセレモニー』をおこない、惑星の王子様と結婚しなければ宇宙が滅んでしまうのだという……!!
そんな驚きの事実を告げられて、事態はさらに加速する!
突然現れた美少年の転校生も加わり、穏やかだったあなたの生活は、彼らの登場によって賑やかになっていく。
星と月と地球の思惑が交錯する、
壮大なラブストーリーがいま始まる!

システム
  • 共通√後キャラ選択
  • 選択によってエンド分岐
  • 攻略制限あり
  • アイキャッチあり
  • 隠しあり
エンド
  • MARIAGE ENDING(ハッピーエンド)
  • TWILIGHT ENDEING(ノーマルエンド)
  • DESTINY ENDEING(バッドエンド)
攻略順
  • 一輝,碧,椎名,瑞希の4人を攻略後に昴√解放
  • 昴攻略後に司√解放
  • 司攻略後に隠し解放
上記のように3人攻略制限あるのと徐々に真相に近づきたい順なら瑞希→碧→椎名→一輝→昴→司→隠しになります。

オススメ度

こんな人にオススメ
  • キャラゲーが好き
  • 絵を重視
  • 恋愛を楽しみたい
  • サクサクプレイしたい
以下の場合はオススメできない
  • ボリュームを求めている
  • ストーリー重視

主人公

月嶋 ヒカリ

f:id:mami-otomelove:20201114083534j:image
プロフィール

本作の主人公。
明るく元気な高校2年生の女の子。

感想

乙女ゲーム王道の女の子というタイプです。
頑固なところがありますが、どんなに騙されてもその人をいきなり責めたりせずちゃんと事情を聞いて信じてくれるところがすごくいい子だなと思いました。
頑固さがなければ万点でしたね!
いつも思うのですが、どうして主人公は頑固な子が多いんですかね。

キャラ別感想

火ノ宮 一輝(CV.鈴木 達央)

f:id:mami-otomelove:20201114082828j:image
プロフィール

17歳。
俺様で、何事にも好奇心旺盛、その好奇心からトラブルに巻き込まれることもあるが、いざという時には正確な判断力で人を導く力がある。
王子でありながら、王としての風格をすでに備えている。
彼の後ろにいるホワイトタイガーの名前はライアン。
一輝のボディーガードをしている。

感想

今作のメインヒーローになります。
凄く真っ直ぐな性格で情が熱く、気持ちをストレートに言ってくれるのが良かったです!
また普段明るい声してるのですが、男の子になる時に声が低くなるとドキッとします。
ストーリーは他キャラと違い少し真相に近づきました。
ただ中途半端で解決しないまま終わった部分があるのでそこはモヤモヤしました。

水瀬 碧(CV.細谷 佳正)

f:id:mami-otomelove:20201114082836j:image
プロフィール

17歳。
必要最低限の会話しかせず、
感情があまり表に出ない水星の王子様。
正直者で、歯に衣きせぬ物言いをするため、一見無遠慮で失礼な印象を受けるが、言葉の裏には相手を想う優しさが含まれている。

感想

いわゆるツンデレさんです。
とはいえ割と早い段階でツンからデレに変わった気がします!
文句を言いながらもみんなの協力してくれたり、主人公の事を心配してくれたりと根は優しい人なんだなと思いました。
ストーリーは最初は碧が段々デレになっていくのが良く、普通の高校生の青春物語で良かったです。
後半になると一気にシリアスに変わっていくのですが、最初あんなに冷たかった碧が主人公を想うようになって人は変われるんだなと思いました。

木夜 椎名(CV.梶 裕貴)

f:id:mami-otomelove:20201114082856j:image
プロフィール

17歳。
何でもそつなくこなしてしまう天才肌な木星の王子様で少々ひねくれており、リアリストで簡単に夢を語るやつが大嫌い。
一人の時間を大切にしており、趣味は音楽鑑賞と読書。

感想

プロフィールにてプライドが高く人を見下すと書いてあり、周りからもそう言われていましたが正直私はそこまで感じなかったです。
むしろ主人公に優しく気を遣える人だなと思いましたw
ストーリーは割とシリアス系でしたね。
とにかく両親が酷かったです!!
特にバッドエンドの時は最悪で椎名があぁなるのは仕方がないなとは思いました。

金城 瑞希(CV.木村 良平)

f:id:mami-otomelove:20201114082901j:image
プロフィール

17歳。
人の驚いた顔が大好きでよく悪戯をする小悪魔な金星の王子様。
心を許している人に対しては特に悪戯をしますが、ちょっぴりやり過ぎたと反省すると優しく接してくれることもある。
友達のキャサリンとはいつも一緒。

感想

瑞希は可愛い系キャラでしたね。
ただ個人的にちょっと無理だったのが立ち絵のポーズでした。
両手を顎にのせるよくぶりっ子がやりそうなポーズだったり手でハートを作っているポーズがさすがに男の子でそれはないですね・・・。
ストーリーは彼自身の真実が予想外でただただ驚きました!
これは誰も予想ができない事実だと思います。

美土宇 昴(CV.諏訪部 順一)

f:id:mami-otomelove:20201114082906j:image
プロフィール

17歳。
ミステリアスな雰囲気を纏っている土星の王子様で真意の測れない言動を見せるため、何を考えているのか分からない。
視野が広く、周囲をよく見ていてさりげなく気遣いをしてくれることもある。
極度な偏食家で動物性タンパク質は絶対に取らない。

感想

17歳とは思えない程色気があり、大人っぽい人です。
どんな相手や話にも穏やかに対応してくれるのでとても話しやすい存在です。
知識も豊富なので相談役に最適です!
ストーリーは攻略制限されているだけあり、一気に真相に近づいていきました
また自分の星の問題では他の王子に比べて1番辛い思いをしていると思います。
それでよく他の王子達に妬まず尖らずに穏やかな性格でいられたなと思いました。

黒崎 司(CV.島崎 信長)

f:id:mami-otomelove:20201114082912j:image
プロフィール

17歳。
惑星の王子様たちと同時期に現れた謎の美少年で明るく人懐こい性格。

感想

アイドルのような子でチャラ男に見えますが、実は壮絶な真実がありました。
謎が多い少年ですが今作では最も重要な人物になるので、これは是非プレイしてみてからのお楽しみです。
この√はとにかく担当声優さんの島崎さんの演技がすごいなと思いました!!
声でこんなに分けることかできるんですね。
ただ謎とはいえ公式が思いっきりネタバレしているので謎と言っていいのか疑問ですwww
できれば公式サイトを見ずにプレイすることをお勧めします。

総評

ここまでありがとうございました。
想像してたよりかなり面白かったです!!
もっと軽いイメージでしたが、真相など壮大なストーリーとなっていました。
まず絵が本当に綺麗です
星というだけあり、全体的にキラキラしていて特にスチルがどれも綺麗で凄く好みでした。
また、EDが凄くよかったです!!
EDは普通ED曲とプレイしたキャラのスチルがダイジェストに流れるのですが、今作は他とは違った演出がありました。
ED曲と上手く合わさっており、それだけで感動してしまいましたね。(EDムービーはハッピーエンド時のみなので注意)
ストーリーに関しては金太郎飴まではいきませんが、流れは似ていました。
完全な金太郎だと飽きてしまうのですが、今作は個々のストーリーがしっかりしていたのでそれぞれ楽しむことができました!
隠しと真相についてですが、公式サイトを見る限り明らかに隠しきれていない部分が多かったのが残念でしたね・・・。
もう少しわかりにくくすればもっと面白かったと思います。
恋愛に関してはストーリー自体が姫を振り向かせるということからほぼ全員積極的でした。
個人的に一輝√が1番好きでしたね!
ちなみに今作の推しキャラは隠しになります!!w

今回はここまでにしたいと思います!
最後までありがとうございました。


Warning: printf(): Too few arguments in /home/mamiotome/mamiotomelove.work/public_html/wp-content/themes/vandana-lite/inc/extras.php on line 118

mami

乙女ゲーム中心に作品紹介やネタバレなしの感想を書いています。
基本的に公式サイトに載っている範囲で書いているため、感想の内容が薄くなってしまいますのでご了承ください。
Twitterもやっていますので良ければフォローよろしくお願いします。
Twitter→@mamiotome

おすすめ