作品紹介 感想

【BUSTAFELLOWS Season2(バスタフェロウズ シーズン2)】作品紹介とおすすめ攻略順、ネタバレなし感想

こんにちは。
今回は『BUSTAFELLOWS Season2(以下、バスタフェ)』について書いていきます。

このブログについて
公式サイトや公式Twitter等に記載されている範囲でストーリーのネタバレなし感想になります。 攻略については攻略順を記載しますので制限あるキャラの解放条件は書きます。そのためネタバレと感じる方は注意してください。キャラ別感想は隠しキャラはネタバレになるので総評にてサラッと一言書きますが、基本的にメインキャラのみになります。サブキャラに関しては状況に応じて書ければ書きたいと思います。

公式サイト↓

 

 

 

 

 

 

 

文化放送エクステンドから出ている前作の『BUSTAFELLOWS』の続編になります!!
switchだけではなくiosやGoogleplayとスマホのアプリで遊べます!
念願のバスタフェ続編です!
もっと言うと前作の真相√から続くお話です!
前作の真相√はどのキャラとも結ばれていませんが、今作は恋人状態から始まるので個別√ハッピーエンド&真相√の続きのお話になります!
また今作はFDではなく続編なのでしっかりバッドエンドがあります(;^_^A
前作の感想も書いていますのでよければご覧ください。

バスタフェの感想↓

ストーリー

誰でも、答えが欲しい。
誰が悪いのか、何が誤りなのか。
そして、罰すべきものは何なのか。
この世界の形を保つために、物事は白と黒に分けられる。
白と黒の間に目を向ける者は、苦しみ続けるだけ。
誰もが心の中では分かっているはずなのだ。
物事は、二つに一つだということ。
白と黒。
表と裏。
光と影。
良いニュースと、悪いニュース。
そして、変わるか、終わるか。

システム
  • 攻略制限なし
  • 時間制限の選択肢あり
  • 主人公声あり(オンオフできる)
  • 最初の選択肢によって共通の内容が変わる
  • 選択肢によってエンド分岐
  • フローチャートあり
  • 次の選択肢へスキップ機能あり
エンド
  • グッドエンド
  • バッドエンド
攻略順
  • メインキャラ攻略後にepilogue解放
  • 好きなキャラからでOK

好きなキャラで問題ないですが、私が攻略した順番はモズ→ヘルベチカ→シュウ→スケアクロウ→リンボです。

オススメ

こんな人にオススメ
  • 前作が面白かった
  • ストーリー重視
  • サスペンス系が好き
以下の場合はオススメできない
  • シリアスなストーリーが苦手
  • 心身ともにに落ち込んでいる時

主人公

テウタ(CV.近藤 唯)

プロフィール

ニューシーグで活動するフリージャーナリスト。
「ニューシーグトゥデイ」誌で新人賞を受賞し、コラムニストとして人気を得る一方で、掲載誌の電子版移行に伴い、連載は隔週に減ってしまった。
現在は新しい連載や特ダネを探して奔走中。
「他人になって時間を遡る」という不思議な能力を持っているが、最近は出来るだけ使わないよう、考えないようにしているらしい。
明るく快活な性格で、足の速さには自信があるが、写真を撮る技術は上達していない。

感想

攻略キャラによって彼に振り回されたり引っ張ってもらったり、自分が彼を引っ張っていくという様々なテウタを観れてとても楽しかったです。
今作はテウタの両親が出てくるのですが、快活な性格は母親に似ているのかなと思いましたw
ただepilogueのテウタが本当に可愛想で仕方ありませんでした。
テウタのために救済を作ってほしい((+_+))

キャラ別感想

リンボ(CV.KENN)

プロフィール

フィッツジェラルド法律事務所の代表弁護士。
明るく飄々とした性格だが、法廷では鋭い弁舌を繰り広げる。
事務所の人気度は高く、現在はアソシエイト弁護士を増やして規模の拡大を計画しているらしい。
プロボノ活動にも熱心に取り組んでいる一方で、ニューシーグの有名ギャングの顧問弁護士でもあり、『悪徳弁護士』と呼ばれ続けている。
姉のヴァレリーには相変わらず逆らうことができない。

感想

バスタフェの推しキャラメインヒーローです!
推しキャラなので1番最後に攻略したのですが、ストーリーは他のキャラに比べてしんどさがなくて安心しました(;^_^A
糖度も攻略キャラの中で1番高い印象でした( ̄ー ̄)
オフモード時のリンボは眼鏡をかけるのですがそのギャップにも相変わらず萌えましたね!!

シュウ(CV.細谷佳正)

プロフィール

バウンティハンターやフィッツジェラルド法律事務所の調査員として活動しつつ、依頼があれば内容と報酬次第で仕事を引き受ける傭兵。
格闘技や射撃技術などフィジカルスキルに突出している。
無愛想で気だるげな態度を取るが、自分なりの美学と信念を持って行動している。
煙草が止められないらしい。

感想

シュウは他の√だとからかってきたり突っ込んできたりするのですが、彼自身の√は物凄く優しいです!
大人の余裕か相変わらず口数は少ないですがテウタ
ストーリーは悲しい展開ではありましたが、シュウとヤンにとっては家族として報われたのかなと思いました。
シュウとヤンって兄弟似ていてあまり多くは語らないので2人の会話が年齢に合わずクールだったw

ヘルベチカ(CV.吉野 裕行)

プロフィール

ニューシーグで人気の美容形成外科クリニック『HELVETICA』の院長。
整った容姿と、他人に寄り添った発言から、男女問わず人気が高く、熱狂的なファンも多い。
クリニックは現在休院中で、外科医として総合病院で働いている。
生まれ持った容姿は変えられる、生まれ変わることができるという信念を持っている。
他力本願な人間が嫌い。

感想

ヘルベチカは今回も結構しんどいですT_T
ここに出てくるあるサブキャラが怖いしこの√の問題のテーマがテーマだけに後半の展開がかなり辛いものがありました・・・(-_-;)
CEROがCなのでまだましだったかもしれないけれど、これがDだったら私は耐えられないと思います。
乙女ゲームの主人公は追いつめられると仲間に黙って1人で行動することが多いですが、テウタは最初は言うのを躊躇ってはいたものの、ちゃんとみんなに状況を説明したのが良かったですね!

モズ(CV.福山 潤)

プロフィール

ニューシーグ市検死局の主任を務める検死官。
死体から様々な情報を見つけ出すことで、ニューシーグ警察の捜査に協力している。
検死局では死体に話しかけたり、感情表現が独特なせいか、誤解されがちで、後輩とのコミュニケーションや教育に苦労している。
最近はブルーメドウズの住宅街によく通っていて、さまざまな噂があるらしい。
車の免許は持っておらず、自転車が好き。

感想

いや~正直に言うとストーリーは結構しんどかったですね(;^_^A
今作はどの√も数個の問題を並行して解決していくのですが・・・2つ目の問題が非常に辛かった。
前作のこともあり、モズにとってしんどい展開ですよね。
今度こそ幸せになってほしいT_T
あとこの√で出てくるある女性が本当にダメでした・・・。
ヘルベチカと同じタイミングで気づきましたが、そこからずっと「テウタ早く気付いてくれ!!」とずっと思っていました(-_-;)

スケアクロウ(CV.白井 悠介)

プロフィール

自称『裏社会のボス』。
ハッキングやマネーロンダリング、盗み、情報屋など、さまざまな分野に高い能力とコネクションを持つサイバーギーク。
大変陽気なお調子者で浪費家。
高級住宅街バターフィールドの一等地に大邸宅を構え、シェアハウスをしている『家主』でもある。
人気コミック「キャプテンジンジャー」の熱狂的ファン。

感想

クロちゃんとテウタはノリが同じのバカップルでした!w
クロちゃんはピュアなので他の√でも大人な言動についていけていなかったり恥ずかしかったりと可愛い少年でした(・∀・)
あとテウタに対して物凄く優しく、なんでもやってあげるしテウタの我儘にニコニコと聞いてくれる超優男です!
ストーリーは前作の感想である問題について掘り下げていなかったのが気になったと言いましたが、今回はその話について掘り下げてくれたのでよかったです(;^_^A
あとこれは公式HPに掲載されているの言いますが、この√はバスタフェの前に発売された『SideKicks!』に登場するチカとノラが登場します!!
思った以上にがっつり絡んでいてうれしかったですね!
またExtraを見る限りもしかしたらサイドキックスのVITAから移植もありそうな雰囲気だったのでぜひしてほしいですねT_T
できればサイドキックスも続編出てほしいですのが、今作の続編の流れと同じ場合はあの真相の内容的に難しそうなので新作出すならFDとかですかね?

総評

ここまでありがとうございました。
待ちに待った続編!
今回も衝撃的な展開でとても楽しかったです。

システムについて

システムは文句のつけようがないぐらい最高でした!!
ゲームを始めた瞬間から「あ、これは面白いな」と思わせる演出が多く、ノベルゲームですが1つの映画を観ているかのような気分になりました。
立ち絵もただ立っているのではなく、後ろ向きになったり動いているかのような細かい立ち絵がいいですよね。
あとノベルゲームは基本的に字幕で出ている文字のみを喋るのですが、バスタフェは字幕以外の文字、例えば後ろでがやがや喋っている演出やセリフ後のため息、ぼそぼそ喋る演出があるのが凄いです!
ここまで演出の多い乙女ゲームはバスタフェだけですね!
あとは次の選択肢にスキップする機能があってよかったです。

ストーリーについて

ストーリーの内容は正直に言うと前作よりしんどさを感じました(;^_^A
個別に関してはヘルベチカ・モズ・クロちゃんがきつかったです!
グロいシーンがあるとかではないのですが内容がリアルといいますか、現実にある問題なので身近に感じてしまいました。
個別√も辛いですが特にepilogueが私は本当にしんどかったです・・・T_T
epilogueに関してはprologueと同じように共通√ではありますが、選択肢によって各恋人とのやり取りが分かれます!
内容的には前作の方がしんどいのですが、これは恋人の状態というところからしんどさが増しているのかなと思います。
上記を踏まえて今作は精神的に安定している時にプレイすることを強くお勧めします!!!
あと今作のストーリーは前作のストーリーをしっかり覚えていないと話についていけない部分が結構あったため、間が空いた方や記憶が曖昧な方は前作をもう1度プレイしてから今作をプレイした方が絶対にいいです!!

恋愛について

恋人状態から始まるため2人の距離は近いです。
しかし今作は続編ということからストーリー重視のため、FDのようなイチャイチャしたりするシーンは正直少ないと思います。
逆に糖度を高くしてしまうとepilogueがさらに辛く感じてしまうので、そこは個人的にはちょうど良かったですね(;^_^A

サブキャラについて

今作も個性的なキャラばかりでした(;^_^A
この人はepilogueで何かあると予想していましたが見事に当たりましたねw
そして前作では名前だけ出ていたキャラが今回顔出ししたのが嬉しかったです^^

イマイチだった点

今作はFDではなくあくまで続編なのはわかっていますが、やはりepilogueでの展開が悲しかった。
せっかくハッピーエンドで盛り上がったと思ったのにepilogueで一気に下げてくるのが本当に辛かったです。
これは救済が欲しいです!
あわよくば続編というよりFDを出してほしいT_T
あとはもう少し前回のあらすじを入れてほしかったです。

長くなってしまいましたが今回はここまでにしたいと思います。
今作の推しは断トツでリンボです^^
次回もよろしくお願いします!
それではまた♪


Warning: printf(): Too few arguments in /home/mamiotome/mamiotomelove.work/public_html/wp-content/themes/vandana-lite/inc/extras.php on line 118

maki

乙女ゲーム中心に作品紹介やネタバレなしの感想を書いています。
基本的に公式サイトに載っている範囲で書いているため、感想の内容が薄くなってしまいますのでご了承ください。
Twitterもやっていますので良ければフォローよろしくお願いします。
Twitter→@mamiotome

おすすめ